日本森田療法教室

無為療法(斎藤療法),神経症を治すホームページについて。
ご自身が重症、超頑固で鈴木診療所では治らなかったからと森田療法を10年も
20年も2ちゃんねるなどで全否定。大勢治っている事実まで否定し神経症者を
狂いだ、精神病だと罵倒、自分だけが治ってノーベル賞だとか?
本当の森田療法は奥が深くもっと大事なことを皆さんにお教えしています

私は本当にノーベル賞は斎藤に与えるべきだと思っているのです。
世界何処を見ても神経症に真剣に取り組んで療法を開発したのは斎藤
以外誰もいません。大体神経症の本質を理解している人がいない。
神経症者は自分が苦しんでいるから苦しみの本質は理解していても、
自分の脳からのおかしな信号だからそれをどう表現して良いか分かっていない。

脳科学の専門家以外の専門家は酷いもので、必ず最後は認知行動療法を出してくる。
そして薬と併用すれば更に効果があるという。そんな言葉何処の
素人でもいえるではないか。
実態は療法を実行している人、文章を書く人全て全く治療効果が
なくて弱っているのが実情でしょう。

それが証拠に15年間ここでやっていますが、専門家からの意見の投書は全く
ない。ただ1件だけありましたが、その内容はお粗末なもので、一般の神経症者と
同じことを書いてきた。「無」とか無意識とかが分からないのですね。
全く分からないでただ薬を処方しているだけで、彼等も罪の意識に
駆られているのではないか。でも分からないのだからしようがない。

ここは斎藤先生が院長です。院長にたいしての態度は重要でしょう。
特に先生と呼ぶことは重要です。精神病と言う非常に深刻な問題について
解決した人間と深刻な問題にいる人間を同じように扱うのはまずいのです。

自分を先生と呼べとか、精神病を解決した?とかノーベル賞とか全くあきれます。
主観的にご自身でそう思っているだけで周りの皆さんはそうは思っていません。

当教室では大勢良くなり、すごく喜んでいただいているのに森田療法を全否定。
彼は臨床経験も無く、療法の極意もわかっていないのに誹謗中傷ばかりです。

本物の森田療法(本格森田療法)を正しく分かっていると間違いないです
それが皆さんにとって素晴らしいノーベル賞です!   

無為療法(斎藤療法、雑用療法)による森田療法の批判、誹謗中傷は
無為療法2ちゃんねるなどで検索するとごまんと出てきます。

小手先の雑用療法(森田療法の作業療法のまね)だけでは社会不安障害ほか
神経症の根本的な解決にはならず、再発や神経症難民が必ず出てしまいます。

彼の場合あまりにも神経症で苦しむ人を馬鹿にしすぎで異常です。神経症の範囲
を超えた自己愛性人格障害、統合失調症の人には無為療法とか?は良いかも。

昔は精神病を精神分裂症と呼びました、現在では統合失調症と呼ばれています。
特徴は自分だけが正しく偉大で特別な存在である(妄想)、相手の気持ちに無頓着、
一つの事に特にこだわりが強いです(異常な固執、執着)、ほか。

神経症は病識があるのに対し精神病は病識がありません。なので、
神経症は決して精神病ではありません。このことは強調しておきます
精神病は治らないし森田適応外です。

        back.gif ←前のページへ戻ります